飲食店の制服、どこで買うのが正解?ネットショップか販売代理店それぞれのメリット・デメリット

PROUNI

そもそも飲食店のユニフォームはどこで買えるの?

  • ユニフォームの販売代理店
  • 楽天市場などのECショップ

ユニフォームの販売代理店

ユニフォームのメーカーから仕入れて、卸売りをしている卸売りの企業。
メーカーからは基本的に購入はできないので、販売代理店を通して購入することになる。

楽天市場などのECショップ

ECサイト

販売代理店がECショップに出店している店舗。
楽天市場などで普通に購入可能。

それぞれのメリット、デメリット

販売代理店から直接購入

    メリット

  • コストが安くすむ
  • オリジナルの加工ができる
  • 1から作ることができる

コストが安い

コストカット

ネットショップ で買うよりは安く購入が可能。
理由としては、楽天市場やAmazonなどのECサイトは販売手数料が発生しています。

販売代理店は手数料を差し引いても、利益が出るように商品を出品しております。

刺繍やプリント加工

刺繍

購入したエプロンやシャツなどに、後加工ができる。ショップのロゴや、従業員の名入れなど細かい指定ができる。

ネットでもある程度は可能だが、やはり割高になるケースや決められたフォントでしかできないなど、融通は効かない。

別注ユニフォーム

エプロン

他と絶対に被りたくない、店のコンセプトに合った制服がない!などといったことから制服を生地から選んで制作することが可能。

コストは少し高くなるが、オリジナリティと自分のアイディアを詰め込みたいというショップにはオススメです。

    デメリット

  • 土日などの休日の対応
  • やり取りの手間

土日などの休日の対応

休み

企業によりますが、土日は基本的にお休みをいただいているので連絡がつきません。

やり取りの手間

面倒

注文するアイテムは決まっていて、特に加工等もない場合はやり取りが手間になる場合も。

メールやFAXでいつも注文するが、手元にいつもなにを注文していたのかわかるものがない。

土日の間に注文しておきたい。

などなど

ネットの場合は履歴からすぐ購入できたり、
使い慣れたスマホでパパッと注文完了できる。

楽天市場などのECショップで購入

    メリット

  • 手軽に購入できる
  • ポイントがつく
  • 配送状況がリアルタイムでわかる

手軽に購入できる

先程も記述したように、
楽天市場などで注文すると、注文履歴というのが残ります。

出先であっても、スマホからサクッと注文完了。

ポイントがつく

ポイント

楽天のポイントは通常100円で1ポイントがつき、1ポイント1円で利用可能。

ポイント増量のイベントはかなりの頻度で開催されているので、上手に買い物すればかなりお得に買い物ができる。

うまくいけばポイント10倍以上なんてことも。

配送状況がリアルタイムでわかる

配送状況

楽天市場の注文履歴から、”配送状況”の場所をタップすると荷物の現在の状況がわかる。

配送会社にいちいち問い合わせなくても、
楽天市場のアプリ内で完結できる。

    デメリット

  • コストがかかる
  • 融通が効かない

コストがかかる

コストがかかる

重複してしまいますが、楽天市場に出店している店舗は販売手数料を負担しています。

さらに日々の店舗の家賃のようなものから、かなりのランニングコストがかかります。

その中から利益を捻出するとなると、
商品の単価は必然に上がっております。

融通が効かない

もちろん店舗とのコミュニケーションは取れますし、ある程度のことは楽天市場内でできます。

例えば、急ぎで注文した商品が欲しい場合。
楽天市場内では決済完了の確認が取れないと発送できません。(物理的には可能)
実際に振り込んでいただいても、反映に時間がかかり発送できないことも。

販売代理店と直接取引が1番良い。

どちらが良いかと言われると、販売代理店と直接取引されるのが良いかと思います。

上記で掲げた販売代理店と直接取引するデメリットも、急な話でない限りは基本的に問題はないかと思います。

ただ小規模で、必要数量も少なく発注間隔も長くて手間だという方は全然楽天市場でも良いかと思います。

飲食店のユニフォームのことで
ご相談、ご興味がございましたら、ぜひわたくしの働く会社までご連絡いただければと思います。

ホームページはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。